エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

日々前進

今朝(というか昨日)のとくダネ!を観ていたら、
福島県のご父兄たちが、国によって基準値を緩められた
「年間20ミリシーベルト」を、もとの「年間1ミリシーベルト」に戻せ!
というデモを、文部科学省前で行った
というニュースをやっていました。

http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFCN0032520/index.html

俳優の山本太郎さんもデモに参加していたらしいです。

福島県のご父兄たちが、国に言われるがままになっていないことが
とても心強く感じられました。
山本太郎さんが参加していようとなかろうと関係なさそうですが、
(実際に、テレビでは顔も名前も出てないですし)
有名人が参加すると、それだけニュースバリューがあるので、
もっと活動を続けてくれて、もっと数が増えたらと思います。
俳優、タレントとして「色」がつくことを厭わない山本太郎さん。
がんばって欲しいです。



今朝(というか昨日 しつこい?)のとくダネ!では、そのほかに、
とある福島市の保育園のニュースが取り上げられていました。

保育園の園庭の土や草むら、滑り台の座面など、それぞれの
放射線量を測ると、毎時3ミリシーベルトを余裕で超えていたのですが、
土の表面をクワで削り取ったり、草を刈ったり、遊技の座面などを
取り替えたり洗ったりするだけで、放射線量は激減するのです。


どこかの自治体は、
「表面を削った土を、地面の底に埋める」ということをしようとしている
らしいんですが(どこか忘れてしまった)、
地底に埋めてしまったら、放射能物質が地下水にしみ出て、
水からして汚染されてしまうというドアホな方策です。

前述した保育園では、地面を深く掘って、その底にブルーシートを張って
表面の土を埋めてしまっていました。
これなら放射能物質が地下にしみ出ることもかなり防げるでしょう。


市民が自ら気づき、国や自治体に踊らされることなく、
将来のある子供のために動いていくという当たり前のことが
とても嬉しい1日でした。


放射線物質は粒状で、花粉のように風に乗って飛び、
最後には地面に落ちて、雨が降るごとに地面にしみこんでいくので
早い目の対処が大切なんです。


放射線のみならず、大人に比べて免疫力の低い幼児は
当然大人より背が小さいので、地表に近く、体内被曝を
起こしやすいので、早めの除去が大事だし、
放射線量だって、本来なら地面か、地上50cmくらいで測るのが
適切なのに、アホなことに、地上5mのところで測っているのです。
(または15m)
どうしてフレキシブルにできないんでしょうね・・・

役人や政治家も、早く柔軟になって、より良き方向に
日々前進してほしいものです。

____________________

追:
山本太郎、出演予定のドラマ降板に 反原発発言が原因か

ありえない!しかし、来るべき仕打ちがきた・・・
恥ずかしい!なさけない・・・どこのテレビ局や!

____________________
27日 またまた追記

山本太郎「事務所辞めました」

事務所側が、「ドラマが無くなった話はウソです」とコメントしていたので
「何かおかしいな」と思っておりましたら、
結局、山本太郎さん、事務所に迷惑をかけたくないとのことで
自らお辞めになっていました。
男です!!

しかし、高木文部科学大臣が
「福島県の学校に通う子どもが受ける放射線量を
年間1ミリシーベルト以下にすることを目指し、
毎時1マイクロシーベルト以上の線量のある学校に対しては
費用の支援もおこなう」
・・・と会見を行ったと書いてあります。

日々、小さな前進ですね!!
[PR]
by reikohanda | 2011-05-25 01:21 | 日々雑多