エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

もう18年ですね・・・

一週間以上のご無沙汰です。すいません(汗)


今日で阪神大震災から18年経ちましたね。


18年前、当店に置いてある
フェイシャルやボディーの機械などは
みんなワゴンにコロコロがついていたため
あちらこちらに散らばりながらも
無事でした。

化粧品やカップボードも一切倒れずに
ずれただけで、カップがひとつ割れただけ。
本当に被害が少なくて助かりました。

(ヘーベルハウスさん 
 丈夫に建ててくださって
 ありがとうございます)


もちろん、誰もケガをすることもなく、
アメリカに留学中だったけど
たまたま日本に帰国していた弟は、
前日のうちには戻っており、
これはまた助かりました。

甲子園は、震度6強。
ご町内では半壊全壊したお宅も多く、
本当に運が良かっただけのことです。

3日後くらいから、業者さん方が
お水など生活物資を持ってきてくださったり、
元従業員で、今は割烹をなさってる方が、
ふぐちりのセットを持ってきてくださったり
(こんなもの 平常時でも食べられへん)、
伯父伯母が新幹線で
いろいろ持ってきてくれたり、
親友旧友、連絡が途絶えてた友達や
知り合いからたくさん連絡をくれたりと
本当にありがたいことでした。


甲子園地区は、水が二週間、ガスが1ヶ月
使えなかったので、
手がガサガサになるだろうと思い
地震の4日後くらいから
ハンドクリームをお見舞いとして、
常連さんのお宅を数日かけて
地図を持って一軒一軒、
車でまわったのですが、
2軒のみ壊れてしまったお宅があり、
本当に痛ましい思いでした。

西へ西へ行くほど状態が酷く、
サロンのある甲子園六番町は
本当にマシだったんだなと痛感しました。

浜の方に行けば、液状化がひどく、
足下がドロでとられながら歩きました。


1月22日には結婚式をあげるという
お客さまがおり、責任があったので、
お向かいから井戸水をくませてもらい、
石油ストーブと電気ポットを使って
営業を始めました。

それで「営業できるんだ」と思い、
水もでたらすぐに、営業を再開
いたしました。早いです!!


お家が壊れてしまったお客さまも
仮住まいに越しながらも戻ってきて
くださったので、
本当にありがたいことでした。

我々の周りには幸い、
亡くなった方がいなかったんですが、
その後いらしたお客さまや
お友だちのお身内なんかが
「実は○○が亡くなって・・・」などという
話しを聞くと、
本当に、運がよかっただけの
ことだったんですよね。


18年経った今でも、
昨日のことのように思い出します。


一昨年には東日本大震災が起こり、
阪神大震災の被害レベルが
一気にレベルダウンしたかのような
錯覚に陥りましたが、
18年経った今でも立ち直れていない方々も
たくさんいらっしゃいます。

被害の大小にかかわらず、
ケアが必要だと思っております。


東北の方は被害が根深く、
阪神大震災のように、
半年後には電車も道路も開通して
経済も戻ったなんてことはなく、
まだまだ惨憺たる状態なので、
国民ひとりひとりがバックアップする気持ちで
アクションを起こさないといけないですね。


私はボランティアには行く時間が全くないので
ちびりちびりの募金をちょっとずつ重ねています。


たとえばこちら

クリックで救える命がある


東日本大震災の支援のみならず
他国の子供たちや自然環境破壊の
進んでいる国に、自分の代わりに
企業が支援してくれるというものです。

毎日ワンクリックずつできます。
とりあえずこれは必ず日課にしています。

その他、ポイントサイトで貯めたポイントを
募金に回したりと
地味〜〜にやっています。

みなさまも「小さなことからコツコツと」を
実践してみませんか?
[PR]
by reikohanda | 2013-01-17 15:32 | 日々雑多