エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

ハーちゃんのその後のその後

12月の年末ギリギリに、
苦渋の決断をして里子にだした
ハーちゃんの記事です。

サヨナラ ハーちゃん

ハーちゃんのその後


ウチの母はやっとこさ、
ハーちゃんがサロンに居ないという現実に
慣れたようです。

ワタシたちも、サロンを帰り際に
ハーちゃんが寝るのにベストなことを
いろいろやって帰るのが日課だったんですが、
あまりにも長く続けていたので、
習慣でそれをやってしまうたびに
「ハッ!」とさせられていたのですが、
やっとやらないで帰れるようになりました。

我々人間の方が、ハーちゃんがいなくなった事実に
なかなか適応できへんかったのに、
当のハーちゃんは、3日で慣れたようです(汗)

3日目にはお家の人たちに慣れ、
今では、サロンでは見たことないような
あけっぴろげなポーズで寝ています(笑)

週に2回はいらしてくださるので、
そのたびにお話を伺ったり
写真を見せてもらったりして満足してます!!

以前は、他のお客さまとかに、
「ノラちゃんをお世話してあげて
 いいところにご縁があって幸せよね〜」

などと言われていて、
我々もそうだと思っていました。

でも、それは我ら人間のエゴであって、
ハーちゃんにはもっとより良い「楽園」が
あったのでした。
それに気がついて本当によかったです・・・・・



ところで今日は、

「ハーちゃんをお迎えしてくださったお家の変化」
について書きます。


まず、おばあちゃん!

80歳におなりなんですが、
午前中は、近所の接骨院や整形外科などを
ハシゴして、その後、近隣の市場をうろうろして
なかなか家に帰ってこず、
要らないモノばっかし買うてきてはったそうなんです。

それが、ピタッと止んで、
「ハーちゃんハーちゃん!!」と言いながら
喜び勇んでまっしぐらに帰って来られるように
なったそうです!!

実は、夜は夜で、深夜営業のスーパーまで
足を運んで、
なにかといろいろ買うたりもされてはった
そうなんですが、それもパッタリ止められたとのこと!!


お料理が趣味で、
日々、徘徊(?)している市場やスーパーで
たくさん買ってきた食材で
毎日ひたすらお料理していたんです。

そのお客さまに、日々食べているものを伺うと
以前は、
「それは料亭ですか?」と質問してしまうくらいに
凝ったものがテーブルにズラリと並んでて、
それがちょっとずつならいざ知らず、
鉢にいっぱいずつ出てました。

煮物や焼き物など、いくら質がよろしくても、
量が多ければダイエットにはなりません(汗)
ご実家を出られて、おばあちゃんとお住まいに
なり始めてから、せっかく落ちてきていた体重が
横ばいになってきてました(汗)

おばあちゃんがお料理しまくるのも
ヒマだった証し。

ハーちゃんがやってきてからは、
台所に立つ間も惜しんで
「ハーちゃんハーちゃん」と言っているので、
作られるお料理も、
おかず1品、お野菜もん1品、
汁物とご飯・・・・

それだけになったそうです!

本来はそれだけ作るのも大変なのに(笑)

こちらとしても、体重が落ちてきてくれて嬉しいです(爆)


それと、おばあちゃんのみならず
そのお嬢ちゃんの変化!!!

かなりおとなしくて人見知りのきつい
お嬢さんで、
特に、ちょっと「男性恐怖症」気味だったんですが、
ハーちゃんをお迎えすると決まってから
ハーちゃんが実際にそのお家に行った日までの
1ヶ月ほどの間に

なな・・・なんと!

彼氏ができたんです!!!


これはスゴい!!!

今では、彼氏も職場の同僚もみんな、
ハーちゃんに会いに、
彼女のお家を頻繁に訪れているそうです。

ハーちゃんは本当に「福の神」です(涙)

そのお家のみなさんにも
もっとたくさんの幸せが訪れてくれると
嬉しいなぁと思っています。
f0116546_18483364.jpg

[PR]
by reikohanda | 2013-02-01 17:03 | ネコたち