エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

主語・述語・目的語に難ありマダーム

先日、ワタシがサロンの玄関前のカウンターに座っていると、
はじめましての方が入ってこられました。

60歳を過ぎてるかなぁと思われる、お上品な感じのマダーム!
きっと、フェイシャルか加圧か何かの問い合わせで
直接こちらに足を運んでくださったお客さまだろうと思い、
「いらっしゃいませ」と普通に声をおかけしました。

すると・・・
「あの〜  近くまで参りましたもので、
あの〜昔、先生のお世話に随分なったものですから
先生のお見舞いをしようと思いまして・・・」


・・・とおっしゃるワケです。

ちなみに、我が家を構成する人間は、父親以外全員
人に先生と呼ばれています。

母はエステの先生、ワタシもいつの間にか「れいこ先生」と呼ばれる
ようになりました。
(ホンマは「先生」はこっぱずかしくてつけていらんねんけど・・・)
弟も加圧の先生です。
アニキはホンマもんの先生やし(つまり教師)、
オットもベースを習いに来てくれてる生徒さんからは「先生」と呼ばれます。

しかし、誰かのお見舞いを必要としている人物はおらんぞ???
そして、この人を過去にお世話したような年齢の人間もおらんぞ???
先生とは誰のことなんだー!!一体この人は誰なんだー!!


れ:「あの〜 先生・・・って、
   うちのだれのことをおっしゃってるんでしょうか・・・?」


客:「あらぁ〜 ごめんなさいね!!
   あのぉ〜 ほら!お医者さまの・・・」


いしゃ〜〜???

そんな人物は身内の一人としておらんぞ!!!
・・・・・・

あっそや!隣のおじさんのこと言うてはるんやわ!


・・・と、そのお客さんが「お医者さま」という単語を発した瞬間に
気が付きました。

れ:「あぁ!!お隣の☆さんのことですね!」

客:「そうそう!そうなの!ごめんなさいね〜 言葉足らずで!


足らなすぎじゃーーーー!!(爆)

__________

結局、そのマダームは、ケガをして入院していた
隣のおじさんが退院したとウワサを聞き、
いらっしゃるかなぁと思い、近くに用事があったついでに尋ねたけど
留守やったので、
ウチに質問しにきたというワケでございました。

それやったら、
「お隣の☆先生のお見舞いに参りましたがお留守だったので
  どちらに居られるかご存じありませんか」


と聞くのが普通ではないだろうか???

ウチはこれから、
人にモノを尋ねるときは、まず文章を組み立てて、主語述語をハッキリと
させてから話しだそう!!

と心に誓いましたとさ!(爆×100)
[PR]
by reikohanda | 2008-02-23 20:05 | 日々雑多