エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

ザ マジックアワーを観た

ザ マジックアワーを観てきました。
言わずと知れた三谷幸喜の映画です。
6月に入ってから、主演の佐藤浩市とコンビでテレビ出て宣伝しまくって
はって、彼らを観ない日はないくらいでしたから、
三谷幸喜ファンのワタクシとしては行かねばと思た次第です。

f0116546_0344457.jpg

あらすじ・・・ yahoo映画から抜粋(自分でかくのめんどくさいも〜ん)

暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を
探し出すコメディー・ドラマ。
『THE 有頂天ホテル』の三谷幸喜が脚本と監督を務め、
映画監督のふりをして無名の俳優を幻の殺し屋に仕立て上げようとする、
しがないギャングの苦肉の策を描く。
撮影と思い込み殺し屋に成り切る俳優に佐藤浩市、
その俳優をだます小ずるい若者に妻夫木聡。
うそと思い込みが巻き起こす感動と爆笑が交互に訪れる、巧みな脚本が光る。

ということです(笑)
___________

あいかわらず笑えました。

f0116546_0354937.jpg

この写真でもわかるとおり、佐藤浩市はクサくて大げさな演技をする
売れない役者の役をします。ファッションが凄いんです!!
ありえんのですっ!!
劇中でもクサイ演技が炸裂して、一番笑えました!

ストーリーは一言で言うと「荒唐無稽」。
かなりムリがありますが、笑えるので全然オッケー!

完全にセットで作った街がノスタルジックでステキなんですよ。
設定も1950年くらいの雰囲気にしているのか、
昔のシトロエンやベンツが出てくるんですが、
なぜかみんな携帯電話を使っているという不思議な設定です(笑)
まぁその辺はどうでもええです。おもしろいから・・・


キャストが豪華で、どの作品でも毎度のごとく、
ホンのチョイ役で一瞬だけ、ムダに多くの有名人が出てきます(笑)

思い出すだけでも、谷原章介、鈴木京香、寺脇康文、中井貴一、唐沢寿明、
故市川崑監督、天海祐希、山本耕二、小野武彦、堀部 圭亮、香取慎吾・・・
 
ホンマにムダに出てきました(笑)

一番すごいムダだ!と思ったのは、
「黒い十人の女」をパクッたと思われるシーンが出てきたところです。

故市川崑監督がメガホンを握っていて、
天海祐希を先頭に、10人どころか、ものすごい数の喪服を着た女達が
出てきて、色男の中井貴一を撃つ・・・というシーンを撮っているんですが、
調べてみるとそのシーン、「黒い十人の女」ならぬ、「黒い101人の女」という
設定になっているようです。

市川崑の傑作と「101匹ワンちゃん」とをかけたか・・・と思うと
その「一瞬のムダ」にかける労力に脱帽です(爆)
しかも、生きている市川昆監督が観られたし・・・

ホテルのマダム役の戸田恵子が、着替えやヅラのチェンジがムダに多く
個人的にはそういうムダなシーンが一番ツボにはまってしまったか。

本来の映画の楽しみ方からそれてしまったような感も否めません(爆)
でも、それが三谷幸喜作品のある意味正しい見方のような気もします・・・


しかし、やはりワタシは彼の舞台の方が好きです。
劇団サンシャインボーイズ時代の傑作である12人の優しい日本人
ワタシにとってのナンバーワンです。
2,3年前に舞台版でまた、今の時代に合わせてリメイクされてましたが、
http://www.parco-play.com/web/play/yasasii/
やはりおもしろかったです。

彼にはやはりテンポの速いシチュエーションコメディーを
どんどん作って欲しいなぁ〜
[PR]
by reikohanda | 2008-06-29 22:23 | 映画