エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ライブ3連発

夏期休業の後半はライブ3連発。
ライブというと「えっ どこのホールに誰の??」と思われるでしょうが
残念でした。ウチのオットのんです。
普段は8時まで労働の私は滅多にライブも行けないので、
「お休みの間に聴き溜めだぁ〜」とばかりに行って参りました。

24日(木)の晩は神戸、北野坂にある超老舗「ソネ」。昔からずっと
お世話になっているライブハウスです。
ボーカルは宮野英子さん。
実はわたくし、むか〜しむかしにジャズボーカルを習っていた時期があり
まして、宮野先生は師匠なんです。習ってたおかげ(せい?)で相方とも
知り合ったわけです。ですから、相方と先生が一緒にライブをする時
だけは欠かさず参ります。

一部のよく名の知れたスターの人たちよりも、ベタな関西ローカルで、
素晴らしく巧くてステキなボーカルの人たちは、ホントに結構居てはって
宮野英子さんはそのうちの最高峰と言えるでしょう。
ポップス中心に聴いてはる方にはわかりにくいかもしれませんが、
ものすごくジャジーで丁寧で、聴いてるとよく寒気が(ちがう!鳥肌)
します。
ご興味のある方はぜひ聴きに行ってみてください。

f0116546_23245919.jpg
宮野英子サイト

25日(金)の夕方は何と、日本の中でもヒートアイランド現象が
著しい大阪梅田で屋外のライブでした。

オットのHPでも告知しているのですが、来たる10月1日(日)に
六甲山カンツリーハウスで「Mt.六甲ジャズフェスティバル」という
野外イベントが開催されます。

Mt.ROKKO JAZZ FESTIVAL

オットはそのイベントの第1回の立ち上げから関わっている実行委員の
メンバーで、その実行委員のメンバーだけで構成されたバンドで
ジャズフェスの告知も兼ねた野外ライブをやったわけです。

六甲カンツリーハウスで開催されるので、阪神電鉄も関わっている
のですが、今年は国体のからみで兵庫県も関わってくださるようで、
入場料は無料になりましたので、
「ビール片手に野外でええ音楽聴いて気持ちよ〜くなりたいぜ!」
と思われる方はぜひご参加くださいマシ。
ちなみに、私は行ったことありませんよ。
サービス業に日曜なんてないのさっ!!

暑い暑い梅田のライブが終わった後ただちに、オフィス街である
淀屋橋のロイヤルハットというお店に移動しました。

f0116546_23283092.jpg


そちらはカフェやアイリッシュパブなどがスペースを区切りながら
横並びになっているところで、月に2回だけライブが催されます。
写真の通りグリーンが多く、ビル群の中でここだけが都会のオアシス
のような錯覚に陥るくらいステキなところなので、カフェにはOLが
パブにはサラリーマンたちが次から次へとやってきてました。
相方はいつもコーヒーをいただいてくるのですが、「あそこ以外の
コーヒーは飲めんぞ」と言ってはります。
手作りのケーキも半端でなく美味しかった・・・

文面が長くなったので、もうライブのことはここでは割愛!
帰ったらヘロヘロになりましたとさ・・・

いよいよ明日から仕事が始まります。
みなさんよろしくお願いいたします。
[PR]
by reikohanda | 2006-08-26 23:20 | 音楽、本
水曜日は大阪はレディースデイ。
普段なら絶対観に来られないので、必ず何か観に行こうと決意していた。
(また決意ですか)
ホントなら昨日の火曜日に神戸で・・・と思っていたんだけど
モーニングショーでしかやってなかったので、寝坊してしまったのです。

観た映画は「プルートで朝食を」。アイルランドの映画で、私が昔から
大好きなニール・ジョーダン監督の新作なんですが、
如何せんマイナーなので「どうせ混めへんわ!」と決めつけて
20分前に到着したら、ななっ何と立ち見・・・
なんでや〜!!!・・・と心の中で叫びつつ、
何とか通路の隙間に座って2時間ちょっと頑張ってみました。
お尻の骨が床に刺さるし、冷えが急激に下から襲ってくる〜
やっぱし前日の火曜日に気力で早起きしてモーニングショーで
行っとけばヨカッタ〜 と後悔しつつ・・

ほんでもって感想はというと・・・

それが何ともまぁステキな2時間を過ごさせていただいたって感じ
でした。

赤ちゃんの時に実の母に協会の前に捨てられて里子に出された
パトリックは女装癖のある青年に育っていくんですが、
時代が60〜70年代なので如何せん周りからも里親からも
はみ出しもん扱いされ、実の母を「幻の女性」と空想して追い求め、
実際ロンドンに探す旅に出る・・・と
ざっとこんなストーリーなんですが・・・

ニール・ジョーダンは先にも書いたとおりアイルランドの方なので
作品の中で北アイルランド紛争(IRA=反英武装組織アイルランド共和軍)
の問題が絡む作品がちょくちょくあるんだけど、この映画の場合は
モチーフのひとつで、そういう時代背景の中で異端者扱いされながらも
純粋に愛と希望を求めて、自分の居場所を求めて、次から次へと災難に
ふりかかりながらも、ひと癖ふた癖もある登場人物たちに助けられ
ながら、最後には幸せを見つける・・・というお話です。
お母さんを見つけるのですが、同時にお父さんも別な意味で見つけるのが
最後の幸せなオチ(?)のひとつと言えますか。

オカマとIRAといえば、この監督さんの10年ほど前の作品で
「クライングゲーム」ってのがあるんですが
(マニアックなファンが多い)、
それよりはもっとコメディータッチで極彩色でポップです。

パトリック(=キトゥン)役のキリアン・マーフィーが美しい!
「真珠の首飾りの少女」の時は、「何だか貧乏くさい子やわ」と思って
たんですが、「バットマン・ビギンズ」では悪役を綺麗な容姿で演じ、
ちょっとグッときてた。
(渡辺謙が出てるので観てみたが 一瞬で死んでしまった
キリアンの方がずっと存在感アリ)
作品中でも、中途半端な女装好きな男の子から、ステキな女性(?)へと
変貌していくところも見所のウチ。ファッションもとてもかっこいい。
60〜70年代のグラムロック時代が好きな人にとっては
たまらんと思われます。
(ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリーも
ほんのチョイ役で登場しますよ)

脇を固めるアイルランドの俳優さんたちが大好きだ。
リーアム・ニーソンとかスティーブン・レイとかイアン・ハートとか。
ワタクシはマニアックですか・・・
 
残念ながら今週いっぱいで終わりそうです。
東京ではもうとっくに終わったのでしょうか?
とにかく、涙は出るほどではないけどしばらく幸せな気持ちに
さしてくれるええ作品でした。
またひとつ幸せになれましたとさ・・・

f0116546_2319231.jpg

プルートで朝食を

「プルート」とは冥王星の意味。
夜のニュースで、実はプラハ(やったっけ)で天文学の学会があって
太陽系の新しく惑星を3つ増やすだの、それはやめて今度は
ちっさいちっさい冥王星を省くだのと喧々囂々と議論しているらしい。
明日には結果がでるとか。
何だか今日観た映画の後だけに、偶然というかなんだか・・・
[PR]
by reikohanda | 2006-08-24 23:12 | 映画

今日からお休み

「ブログを始めました!」とごあいさつしたけど、
実は今日から26日まで夏期休暇。
よってしばらくはエステネタもナシかと・・

今日は1年に2回あるかないかの日曜休み。
普段、日曜に休みをとるということは、我々個人営業サロンとしては、
早い目にわかっている冠婚葬祭でもないかぎりありえないので、
とても得した気分。手紙も来ないしゴミの日でもないので、
「今日は一歩も家を出ないぞ!」と固く決意して(何の決意だか・・・)
テレビにかじりつきました。

 運良く今日は高校野球の決勝戦。今回の夏の大会は非常におもしろい。
こないだの定休日の木曜にやっていた「帝京VS智弁和歌山」などの
強烈な打撃戦も観ていて、高校生の平常心を失ったらバタバタと
打ち込まれて大量得点を許してしまうとこなんかが、
何だか痛々しく感じていた。
 
でも、今日の駒大苫小牧VS早稲田実業は違っていた。
勝手に「打撃戦になるやろな」と思いこんでたけど、お互いに好投手
を擁しているので当然投手戦になった。
特に延長に入ってからの気力はすさまじかった。
早実の斎藤君は3日連投なのに、延長に入ってからも
140キロ台の球をガンガン放るし、ちょっとのエラーや暴投が得点に
つながりやすいのに、互いに怖ろしいほどの緊迫感でもって、
選手全員が頑張っている姿に鳥肌がたってしまいました。
 
どちらのチームを応援しているわけでもなかったけど、ホントに
正直どちらが優勝してもええわ!という気にさせてくれました。
私だけじゃなく、日本中の人たちがそう思っていたことでしょう。
しかし、王監督が闘病中ということもあるので元気づけてあげる為
にも早実に勝って貰いたいかなぁとも思うなぁ。
でも、駒大の3連覇も応援してあげたいなぁ〜 
うーっ わからん!!

とりあえず、駒大の田中君をみて気づいた。
彼の顔はジャイアン(またはジャイ子)に似ている。
仮にジャイアンが高校生になって大人っぽく精悍になったら
こんな顔になるんやろうな〜と・・・
あと、駒大の応援歌が気に入った。
定番はは山本リンダの「狙いうち」だが、おんなじ“リンダ”でも
「じんじんさせて」を使っている。
(狙いうちを応援歌に使っているドラゴンズ メロディーがヘン)
攻撃が始まるときのブルースブラザーズの曲もいい感じ。
高校野球はブラスバンドなので、我が家の窓の
外から聞こえてくる音も迫力があって嬉しい。

それから、ひとつだけ言えることは、
ハンカチで上品に顔の汗をぬぐう斎藤くんがプロに行ったとしても、
決してタイガースは似合わないということ・・・(笑)

明日もまた続きが観られるということが、
とにかく嬉しくって仕方がない。

 
f0116546_2258955.jpg

 
今年のドラフトで王監督率いるソフトバンクが、駒大の田中君を指名したら
おもろいやろな〜 と意地悪なことを考えてしまいましたとさ・・・

  
[PR]
by reikohanda | 2006-08-20 22:49 | 日々雑多