エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

時節柄、年賀状を書いている。
ナゼか実家の分と、自分のんと両方。

ワタシは裏側はパソコンで制作するが、表書きは敢えて手書きしている。
その方が「心がこもってるかな〜」と勝手に思っているからだ。
当然、おじさんおばさん、そしていとこたちは完璧にかぶる。
先方はまったく同じ筆跡の2通を受け取ることになり、バレバレである。
(ワタシの字はやたらデカく 実にわかりやすい)

さっきも実家の分の表書きを済ませてきたが、中に一通どうしても納得
できないものがある。
それは、ワタシら夫婦宛のんだ。
自分で自分の名前を筆ペンで丁寧に書き、首を傾げる・・・・
「おかあさん これ持って帰ろっか?郵便局も一通分仕事助かるし・・」
・ ・・こうやって、毎年同じ会話が繰り返されている。

夜になると自分のを書く番である。
今年は不可思議なことが起きた。

この春、中古のMacG4を超破格値の1万円で買うた。ディスプレイと
ハードディスク、キーボードは家の中のその辺に転がってた分をつなぎ
(家ん中にいろいろ転がっている我が家)、前から持っていた動くのも
おぼつかない初代iBookの中からデータを移して、大変心地よく
PCライフを楽しんでいた。そう昨日までは・・・

昨晩、機嫌ようデスクトップを開き、アドレス帳を開いたら
(手書きするクセに データは印刷出来るソフトに入れている)
やたらと、「西宮市日野町○-○-○」に住んでいる人間が
たくさんいた。

んんん・・・ナニ・・・????

データを移した時に、我々凡人には理解不能な何らかの不祥事(?)が
あったにチガイナイ・・・
結局調べると、20数人「西宮市日野町○-○-○」の住人がいた。
グループなどまるで脈絡無く、伯母や同級生、先輩、昔のお茶お花の先生、
お客さん、お世話になっている霊能師の先生、
そして、昔、選挙の時にボランティアで手伝っていた議員さんなど
多岐に渡っている。
みんな同居してんのか??

その、日野町に住んでいる当の本人は、子持ちやし、ここ数年会って
なく、アドレスも知らんし、年賀状だけのつき合いになっているので、
「このオモロさをコイツに伝えたいっ!!」と思うんだけど、
残念ながら彼女ん家は喪中だ。
う〜ん 伝えてぇ〜!!

伝えたいので、この場で書くことにする・・・

ちなみに、正しい住所はiBookの方にキチンと保存されているので
ご安心を・・・
あっ、iBookは昨晩気づいたら勝手に電源が落ちてた。大丈夫か??
ブログやってるヒマあったら、さっさと修正しとかなアカンやろ・・・
それより、家ん中に中古の電気製品が床に転がっている状況を
元旦までにどないかしないと、松居一代に怒られる・・・
[PR]
by reikohanda | 2006-12-23 23:49 | 日々雑多
とにかく朝が苦手だ。
ナゼかというと、寝るのが遅いから(アカンやん!)。
目覚ましが5分おきに鳴っても、気づくのはだいたい5回目くらいから
なので、当然出がけしなにバタバタすることになる。
(休みの日は普通の掃除機でちゃんとするけど)

しかし、我が家にはケダモノ3姉妹がおるので、ヤツらのトイレの
周りにはネコ砂が飛び散りまくっている。

f0116546_2050055.jpg

         ミミ、モモ、ハナの順

いくら遅刻しそうになっても、ネコ砂や、昼夜深夜問わず狂ったように
走り回った際に家中に飛び散りまくった毛ぇやらをお掃除しないと
出かけられない。
我が家にはオットの生徒さんなど来客が多いからだ。
朝のバタバタした時間に、いちいち掃除機を組み立てて、コードを
引っ張り出してなんかやってられない。

長女(?)のハナちゃん(右)を我が家に迎える前に、そうなることを
想定して、充電式のコードレスクリーナーを買ってもらった。
ワタシの大好きな「通販生活」で長いこと「充電式クリーナーNo,1」の
地位を誇っている「マキタ充電式クリーナー」だ。

f0116546_20583961.jpg


実家では1階と2階と2台置いて大活躍しているので、便利なのは
わかっていたし、実際大活躍していた。
ネコが3匹になるまでは・・・

半年前にミミちゃん、モモちゃんの姉妹を貰ってから、トイレ周りに
落ちたネコ砂を蹴散らしながら3匹が家中を走り回って、
ナゼにこんなとこまで?」とネコ砂が遠征(?)している状態に
困り果てている。
マキタのクリーナーは充電池が10分しか保たないのだ。
家の中の半分もかけたら、「ウィィィィィィーーーン」が「ゥィ〜・・」
くらいになってしまう。しかも最近は5分も経ったら「ゥィ〜」状態だ。

そこで、前から通販番組で目をつけていた話題の「スイブルスイーパー
を購入することにした。
友人宅で実際に使用し、マキタでは吸い込みがイマイチなカーペット
でも調子よく汚れを取ってくれるぢゃないかということで
早速ネットで検索。マキタと違ってこちらはかなりの値崩れで
もともと1万円ほどするものを、3千円ほどで手に入れた。ラッキー!!

f0116546_20595518.jpg


さぁ ネコ砂吸うで〜」と張り切って動かしてみたが、
「えっ??」と思った。
そう、スイブルスイーパーは吸うのではなく、4方向に動くブラシが
ゴミを巻きこんでいくという感じなので、じゅうたんなどでは
活躍してくれるが、床のゴミにはイマイチなのだ〜
髪の毛一本取るにしても、2,3回コロコロしないと取れない・・・
しかも、ゴミパックなど溜める部分がヘッドなので、すぐにいっぱいに
なり、取らないと吸引力(?)が落ちるどころか、
マットの端っこにヘッドが当たってパタッと傾いたりすると
せっかく取ったゴミが出てきてマットの上に散乱する始末・・・
う〜ん これは大問題・・・
いくら充電が30分保ってくれるとしても、これでは話にならん。

結局、マット部分だけスイブルスイーパーを一瞬出動させ、
娘達のトイレ周りなど床部分はマキタのクリーナーと、
ちと手間が増えたが、その手で行くことになった。

う〜ん・・・やはり、マキタの充電式クリーナーは、通販生活の
「ピカイチ辞典」で毎年ずっと評価されているだけあるな。
ショッピングモールなどでも清掃員の方が持っているのはマキタだ。
これからも、通販生活の記事は大いに参考にすることにしよう。
そして、通販番組の「うわぁ〜 スゴ〜イ!」という叫びには
惑わされないようにするとしよう・・・
[PR]
by reikohanda | 2006-12-21 21:06 | 日々雑多

勝ってくれてヨカッタ

亀田ファンである。ただし、アニキだけ・・・
品性のカケラもなく、大口をたたく彼を、何故ゆえにお上品なワタクシ
(?)がファンだと言うのかというと、
チャラチャラした若者が幅をきかせるこの時代に、親と兄弟に対する
尊敬や思いやりの気持ちを、恥ずかしげも無く口にするからだ。
「親子の絆」とか延々流し続けて「ウザい」と後々指摘された
TBSの過熱報道にも、実はいちいち感動していたワタクシ。

彼は「亀田家の長男」という立場を貫いていて、常に
「オヤジのおかげ」だとか、「弟たちに恥ずかしいとこ見せられへん」
という発言を真顔で言う。
次男が秒殺で勝てば、「ようやった やりやすくなった」とねぎらい、
三男に対しては、「ヤツが出てきたらオレらは勝たれへん」とその才能を
手放しで誉める。
そういう彼を見て、弟たちも兄を尊敬し、父を尊敬し、お互い切磋琢磨
して鍛え上げてきた・・・ なんて素晴らしい家族愛なんやろう!

私は親兄弟に対して、そんなんよう口に出来へんし、どうしても
自分の意見を優先しようとして、よく言い合いになったりするので、
彼らは本当に尊敬に値する。

前回のタイトル奪取の試合で、素人目にはどうみても劣勢だなと
思っていたのに、「亀田勝利」とアナウンスされた時、育ちのいい私(?)
は、「そうなんや〜 勝ちなんや〜」と信じて疑わず、インタビューで
「親父のやり方が正しいと証明できてよかった!」と涙した彼を観て、
こちらも一緒に号泣した。

その後のバッシング騒ぎでは、私も胸を痛めた。
親やお客さんなどが彼の悪口を言うてても、「私はファンですよ」と
頑なに言い続けた。

有言実行でデカい口をたたいて、ワザと自分をしんどい方に追い込み、
ストイックに練習をし続ける。
「ものスゴイ悪もの」のイメージが強いが、実は酒もたばこも
身体に悪いことは絶対にしないそうだ。ひたすら練習・・・
父の意見や練習方法を素直に取り入れ、弟のアドバイスにも従う。
普通なら少々天狗になってもおかしくないが、「自分は強い」という事を
十分に理解していながらも傲らない(話すと傲ってるように思えるが)。
そんな兄貴を見習い、弟たちもその通りにする。

そう、彼は世の兄貴、いや人間の手本だと思う
お上品にしているだけで、実はつまらない大人に比べたら・・・
日本ではとっくに無くなってしまった儒教の教えを体現している彼を
ワタシは手放しで誉めてしまう。
そう、ワタクシは育ちが良いため(?)、人の良い部分だけを見るタチだ。

今日はありがたいことにお客さんが早めに済んだので、サロンで
年賀状を書きながら、試合を見始めた(次男の秒殺にはただ驚いた)。
和田アキ子には興味なかったので、その間にダッシュで帰って
家でゆっくり観ることが出来た。
ただし、ちょっとご飯茶碗に目を移したその瞬間とか、
座席に座っているデーブ・スペクター夫婦の姿が目に入ってしまった
瞬間に限って、アナウンサーが「ひだりぃ 入ったぁ〜!!」とか
絶叫したりして、良い所をちょくちょく見逃したりしたが・・・

とりあえず、今日は安心して観ることが出来てよかった。
解説が「大人のボクシング」と言うたのには笑ってしまったけど、
今までの「ケンカボクシング」とは明らかに違う動き。
この4ヶ月にどれだけ家族全員で努力したんだろう。
まったく頭が下がる。
できたらKO勝ちの方がいいに決まっているが、
何だか違う彼の姿を見られて、それはそれでヨカッタと思うが・・・

インタビューの最後に「バッシングの時にオヤジが盾になってくれて」
と涙声で言うた兄貴にまた改めて感動。まったく涙もろいワタクシ。

しゃべりが少しでも丁寧語が混じっていたら、世間の評判も
変わるだろうが、実は頭の良い(?)彼、そのうちにちょっとはマシに
なるんではなかろうかと踏んでいる。

次男も兄貴のようにエラそうにしゃべるが、彼の場合インタビューア
が返事に窮するような妙な間を作るというところがまだまだマズイと
思われる。関西人ならもっとトークを修行するべきだ。
歌も残念ながらイマイチだし・・・ 
腹筋を鍛えるついでにヴォイストレーニングに行かれることを
オススメしたい。

しかし、正直言うて見かけのきたない男の世界を観ていて、
特にランダエタ側のセンスの悪い衣装などを観て、辟易してしまった
ワタシ、その後裏番組の美し〜いフィギュアのエキシビジョンを観て
目を中和しておいた。

f0116546_23563461.jpg


髪型はもうちょっとファッショナブルにされたらいかが?
[PR]
by reikohanda | 2006-12-20 23:57 | スポーツ
・ ・・と言うても、ただ今公開中のダニエル・クレイグ版007では
ありません。
1967年に公開された、007のパロディ版のものです。
昨日WOWOWで朝やってたのを録画してましてん。

f0116546_17423545.jpg


http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id14190/

007シリーズの原作者のイアン・フレミングがシリーズの一番最初に
書いた作品のタイトルが「007 カジノ・ロワイヤル」。
いわば、今公開中の作品がこのタイトルを使うに正しいんやけど、
ナゼかパロディー版がこのタイトルを先に使ってしもて、
ようイアン・フレミングも許したな〜と思う今日この頃です。

1967年はワタシが生まれた年ですが、実は確か12,3年前に
リバイバル上映されて、観に行ったことがあるんです。
当時まだ残っていた扇町ミュージアムスクエアまで・・・
あっこの映画館は画面も音も悪かったけど、
チラシのサイケな絵柄やキャストやらに惹かれて、わざわざ足を運んだ
訳です。

改めてこの歳になって観た訳ですが、感想は相変わらずです。
ストーリーは荒唐無稽。意味のないドタバタコメディーで
何の一貫性もナシ。訳のわからないお色気シーンも満載。

しかし、ファッションがとにかくオシャレだし、出てくる女の子が
とにかく全員可愛い。みんなつけまつげ付けて、ステキなファッション
でグラマラスに登場します。メイクも今の時代と結構似てて
今流行りのファッションやメイクが、改めてこの時代を繰り返して
るんだなぁとわかります。
それから音楽がとにかく粋で、
特に一番スゴイのがオールスターキャストなところ。

この映画では007が7人出てきます。
(ついでに言うと、監督は5人、ボンドガールは200人、訳わからん)
メインはデヴィッド・ニーヴン。余談だが、この間、マンダム社の
方が営業に来られ、会社概要を見せていただいたら、
「う〜ん マンダム」でお馴染みのチャールズ・ブロンソンの後の
イメージキャラクターをやってました・・・う〜ん 覚えてない・・・
それからピーター・セラーズ、「ピンクパンサー」でお馴染みですね。
ウルスラ・アンドレスは確か初代ボンドガールの肉感的美人。
それと、ウディ・アレン。今から40歳も若かったハズなのに、
やはりジジイに見える。最後にいい味出します。

敵役ル・シッフルはオーソン・ウェルズ。有名監督さんやけど、
B級でもええ感じです。
「王様と私」などでお馴染みのデボラ・カーもおバカな役で登場。
あとは最後のドタバタシーンで、ほんの一瞬だけゴダール作品常連の
ジャン・ポール・ベルモントが出てきたりと、ホンマ超豪華です。

音楽は御大バート・バカラック。劇中で「The Look Of Love」も
流れます。この曲は「オースティン・パワーズ」の中でも
流れてた・・・というかバート・バカラック自身が登場してたな。
そういえば、マイク・マイヤーズはこの映画にインスパイアされて
「オースティン・パワーズ」を作ったんでした。
メインテーマをハーブ・アルパートが吹いていて、この曲も
結構一人歩きしていて有名かもです。全編にわたって小洒落た
サウンドを聴かせています。この人も昔、何かお酒のCMで
使われとったなぁ〜

この映画を観ると、「オースティン・パワーズ」がドタバタ
お色気コメディーの割に、ストーリーがしっかりしているかが
解ります。
バカバカしいですが、「オースティン・・・」や「ピンク・パンサー」
「何かいいことないか子猫ちゃん」などの映画が好きな人には
オススメで、ワタシは結局何が言いたいのかというと、
こういう超B級映画も結構大好きだ・・・ということです。

この映画のパンフレットを昔買うたハズなんやけど、家中探したのに
見つかりましぇん。どこいったんや〜???
[PR]
by reikohanda | 2006-12-14 17:26 | 映画

怒りふたつ

今日のお昼、買い物をしにダイエーに行ったついでに見てきました。

f0116546_22102359.jpg


これは国道43号線の側道、甲子園球場のヨコです。
すなわち、昨日の夜中に何トンもする大きなコンテナが落ちた場所。
我が家から直線距離で200mもないと思うんやけど、全く気づかず
でした。ちなみに、朝ヘリがブンブン飛んでいるのも知らんかった。
う〜ん鈍感・・・

f0116546_22103790.jpg


1日ちょっと経ってるので、跡はすっかり撤去されてました。
地面に穴があいてたそうですが、それも見あたりません。

それにしても壁に接触してワイヤー切れたとは、はた迷惑なハナシ。
てっきり居眠り運転でもしてやったのかと思てたら、ペットボトルを
取ろうとして、前を向いてなかったとか・・・
どこに置いとってん!!股の間にでも挟んどかんかぃ!!
後続車の方がお一人亡くなってしもたし、ホンマにお気の毒です。

それから、落ちたこの場所は、阪神がシリーズ後半で優勝争いを
しているときは、徹夜でチケットを買う人たちが段ボールを敷いて
寝てるとこでもあります。夜中とてこういう時には人が居るんですよ。
ホンマに危険ですね。


怒りといえばもうひとつ。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20061206&a=20061206-00000028-dal-base

阪神の3番、関本の契約更改保留のニュース。
今年、今岡が抜けたあと、あれだけ働いて球団に貢献したのに、
たった1千万円プラスの4千万円やと〜!!
関本だけでなく、ファンも怒っとるぞ!
しかも、話の途中にあくびをしただとぉ〜!!
貢献した選手にはそれ相当の対価を払いなはれ。
全球団で一番観客動員数の多い球団なんやから、もうケチりなさんな・・・
鳥谷は倍額の7千万円だとか。関本にもせめて倍額をあげて〜〜〜

以上、阪神つながりの怒り二つでした・・・
[PR]
by reikohanda | 2006-12-07 00:02 | タイガース