エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「不都合な真実」を観た

2000年だか2001年だかのアメリカ大統領選挙。
私はブッシュの対抗馬である民主党のアル・ゴアさんを応援していました。
アメリカ人ちゃうけど・・・
理由は!・・・ただブッシュがイヤやから、とそれだけです。
結局、ゴアさんは得票数は上回ったものの、各州の選挙人の数で負けたのと、
不明瞭な開票結果で惜敗したのは周知の事実。

デーブ・スペクターがワイドショーで見せた表が面白かった。
まず、ブッシュ支持の州が赤色に、ゴア支持が青色に塗られている
アメリカ全土の地図をオープン。
中南部は赤端っこの方は青にパキーンと分かれてました。
そして2枚目、アメリカの州で知能指数の高いモン順に書いてある表
上から青、青・・・・と並んで、・・・・・・→以下最後まで続く
知能指数の高い州はゴア支持、低い州はブッシュ支持とほぼ真っ二つに
分かれていました。大変興味深い結果でした・・・

その数日後にマンハッタンでテロがあったので、
正直ゴアさんは「オレ 大統領なってへんでヨカッタ〜」と
思てはったやろなと思っておりました(笑)。そんなことはどうでもええけど、
とりあえず、ワタシのブッシュ嫌いは加速
マイケル・ムーアの「アホでマヌケなアメリカ白人」を読み、
映画「華氏911」も喜んで観にいきました。
だってブッシュが酷評されてるもん・・・

まぁここまでは余談ですが・・・
負けてからのゴアさんは、学生時代からのテーマであった「環境問題」、
「地球温暖化」についてのスライドを使った講演を、世界で千回も行って
いたそうです。その模様をドキュメンタリー形式に納めたのがこの映画。

不都合な真実
http://www.futsugou.jp/

内容はズバリ、地球温暖化は危機だよ!ということです。
当たり前やろっ!
ゴアさんは名俳優のように、時にユーモアを交えつつわかりやすく
語ります。それだけでも観る価値アリなんです。
詳しい内容は多いし書けません。リンクしてるHPをじっくりと
ご覧になってください。ワタシの文章なんかより100倍確かですもん。

正直、ゴアさんがスライドで使こてはるスライドで、ここ数十年で
干ばつが進んだ湖や、雪のなくなってきたキリマンジャロなどの写真を
観た時は「オォォ〜」と思いましたが、
他はテレビのニュースを毎日観ていたら、特集でよくやっている内容です。
とりあえず、家庭で出来る環境対策として、下記のHP内の項目については、
各自実践すべきだと思うので、是非ご覧になってください。
http://www.futsugou.jp/takeaction/index.html

ワタシみたいに、元々環境問題に興味があった人間がこの映画を観るのは
当たり前として、問題は全く興味のカケラも示してない人に
どう環境問題の重要さを知らしめたら良いかということについて悩みます。
どのようにしたら興味が沸くかなぁ・・・ 
ニュースどころか、ワイドショーすら観ない人だって多いのですから。
(今時ワイドショーだってよく環境問題をとりあげてますって)

ハイブリッドカーや低燃費車なんかは、本来は「CO2排出量を減らす」ことを
目的に作っているけど、多分「ガソリン代が安くつくから」という理由で
乗っている人の方が多いと思われます。
そやから、「環境を大事にすると得するんだよ」という方向に目を向けるように
仕向けば、もっと巧くいくかなぁ・・・ ペナルティー制にするとか・・・
まぁ おいおい考えよっと。

それと、あと問題だと思われるのは、政治家と企業の利益が結びついて
ろくでもない結果を生み出しているということです。特にアメリカで・・・

ブッシュは対抗馬であったゴアさんを「環境問題では国の利益を生まない」と
罵倒し、国民のほぼ半分はそれを支持しました。バカですね〜
テロの1年半後にイラク侵攻を始めたワケですが、実は一部の大企業
(兵器産業)に利益を生み出すためでもありました。(結局国民の支持を失い、
こないだの中間選挙で民主党に負けてしもて、まっ「ざまあみろ」ですな)

アメリカの自動車産業は、未だに低燃費にする技術を生み出していないようで、
いっちょまえに環境政策を打ち出した州(やったかな?)を訴えたとか・・・
石油産業も政権に大して圧力をかけているというのは周知の事実だし、
正直ロクでもないです。

それだけではありません。アメリカの一般家庭に行くと、だいたい
セントラルヒーティングで、家中のどの部屋でも冷房、暖房がガンガン
効いています。それも、冬でもTシャツ1枚で居られるくらいの暑さ。
アホですね〜 人のおらん部屋はスイッチ切って、厚着したらええやん!

湿度が思いっきし低いから、夏でも家ん中に洗濯もん干しても、余裕で
乾くハズですが、最初っから最後まで乾燥機をグルグル回します。
布が早う傷むやん??ほつれるし・・・ 理解不能ですね。
アメリカのTシャツやトレーナーは乾燥機に耐えられるように、やたらと厚地
です。アホですね〜 薄く作ったら早よ乾くやん!

まぁこのように、電気使いたい放題ですね・・・

この映画のタイトル「不都合な真実」の「不都合」の言葉の持つ意味は、
国民も企業も手前勝手で、他の国と肩を並べようとしない傲慢さを持つ
アメリカという国にとって「不都合」なことを暴露したったで!という
意味でもあるなと理解しました。

映画の最後の方に、アメリカの東部と西部の何州かでは、州独自の
環境の法律が定められたと言うてました。民主党の地盤ですね!
知能指数の高い州です(笑)。こういう州が今後増えるといいな。
(カリフォルニアはシュワ知事が共和党やけど) 

ゴアさん、これからも地道な講演活動をよろしくお願いいたします。
日本にもゴアさんの良い意味での“手先”が必要かなと思いますが、
とりあえず、ワタシもゴアさんのパシリくらいにはなれるよう頑張ります。
そして、みなさんの気持ちひとつで環境はどんどん変わってくるので、
お互いに気をつけましょう〜

f0116546_1275974.jpg


 ダンディーでクレバー すばらしい・・・
[PR]
by reikohanda | 2007-01-28 00:36 | 映画

ワタシ ついてるわ

木曜の晩、実家=職場に置き忘れた自転車を取りにテクテク歩いて
いました(歩ける距離なら毎日歩いて通えよ ワタシ)。

甲子園の駅の横にタクシー乗り場があるんですが、その横の道に
横付けしてた3台の車がありましてん。
いつもはお迎えのファミリーカーが並ぶ位置なのに、
まず、クラシックのジャガーが停車してました。
「おっと〜 カッコええやん!」と思っていたら、
その前にはなんと真っ赤なフェラーリが・・・
どちらも車高が低すぎて、思わず中をチラ見してまいましたが
「多分男の人?」くらいしか判別できません。

・ ・・と思っていたら、一番前にはベンツが・・・
こりゃお仲間なんやな〜と思いながら、またベンツの中をチラ見
したら・・・
なな何と、ベンツの助手席に新庄が乗っていましたーーーーー!!

いっぺん実家に戻り、自転車で今度は前から通りましたが、
暗がりでも歯が白い!やはり新庄でした。

ワタシってなんてラッキーな子やろ・・・
40歳になってはじめて見た有名人が、生新庄やて。
こないだの十日戎の時も、EBISTAの食料品売り場で
代打の神様 八木さまを発見し、握手してもろたばかり。
今年はええ年になりそうやわ・・・
っていうか、旧暦で言うたら今は一年の終わりか。
節分までやからな〜 ということは、今年はいい年でした
ということかな。まっどうでもええわ・・・

どっちにしろワタシはラッキーな女。
毎日ラッキーちゃんのストラップ持ち歩いてるからかな?

f0116546_115432.jpg


 大事にしてるよ ラッキーちゃん

まぁ、新庄はもと阪神の選手やし、おじさんがウチの実家のご町内に
居りはるし、こっちに来てても決しておかしくはないのです。
実は昔もいっぺん口をきいたことあるし(その頃は苦手やったけど・・・)
でも、今はスーパースター!ラッキー度合いがちゃいます!

関西では、有名人いうたら、関西在住お笑い芸人か、阪神の選手
くらいしか遭遇できないので(それでも十分やけど)
貴重な経験でした。

みなさんに「ラッキーのおすそわけ」をさしていただきます〜
[PR]
by reikohanda | 2007-01-27 09:58 | 日々雑多

お誕生日イベント??

昨晩は8時過ぎまでお仕事をしたあと、ダッシュで梅田に到着。
もちろんワタクシの40歳のお誕生日を祝ってもらうためです。
・ ・・というても、毎度のことながら、オットはいつもお仕事、
当然昨晩も仕事しているところにお邪魔して、ついでに祝ってもらおう
という、ごっつい他力本願なメオト

昨晩行ったお店はAZULというジャズクラブ。
http://www.azul-jazz.com/
1,2年前にオープンしたお店で、オットは月に数日は出演する
のですが、ワタシは初めてお邪魔しました。
というのも、演奏が10時前には終わってしまうからです。
エライ早やじまいです。

ダッシュして行ったらギリギリ2ステージ目に間に合いました。
お店の中はとてもシックでステキな印象。
観客のキャパも70人程度とほどよい広さで、
何とミュージックチャージが千円。
梅田という場所で、プロばかりが毎晩演奏するお店のチャージが
千円とは格安。流行るハズです。
案の定ほぼ満席だったので
オットの仲良しのお友達の方々と相席させてもらいました。

演奏はカルテット。ラッパの田中洋一くん、ピアノの多田恵美子さん、
その旦那さんでドラムの中嶋俊夫さんと我がオット。

実はこのお店、「お誕生日だ」と言うと、カクテルかケーキの
プレゼントがあるとのこと。オットに「どないする?」と聞かれ
一瞬考えましたが、
39歳や41歳など、ごっつい中途半端な年齢やったら
こっぱずかしくて頼みませんが、ここは40歳、節目なので
こいつはいっちょ頼もうぜということになりまして、
以下の図となりました。

f0116546_18111575.jpg

BGMは「HAPPY BIRTHDAY」ではありませんよ。

カクテルがババーンと出てきてビックリ。
実はワタクシはスーパー下戸、
とりあえず写真用にストローくわえてパチリ、甘いので一瞬
「アルコール無しかいな?」と思っておりましたが、油断は禁物。
絶対あとで体外放出が待っているので失礼ながら舌をしめらす程度です。

AZULの皆さん、ミュージシャンのみなさん、他のお客さま
盛り上げて頂いてありがとうございました。


言うてる間に演奏も終わり、あっという間にお客さまが掃けてしまい、
まだ10時半だったので場所を移動。

今度はそこからスゴイご近所のJAZZ ON TOP ACTⅢへ移動。
http://www.jazzontop.com/
西梅田のライブハウスJAZZ ON TOPの姉妹店で、
ジャズ喫茶として12月にオープンしたばかりです。
6千枚ものアナログが並んでいます。

f0116546_1812685.jpg

オーナーの清水夫妻。ごっつい仲良しです。
奥さんの清水ひろみちゃんは、ボーカリストとしても活躍。
アルバムを3枚出してはり、うち2枚はオットが参加してます。

「誕生日やね〜ん」とお店に入っていくと、いつの間にか
ひろみちゃんがコソッと店を出て行ってて、突然のサプライズ。

f0116546_18132461.jpg


オットが仕事柄、花束を貰ろてくることが多く、割と慣れっこに
なっていたのですが、よう考えたら、自分に頂くことは10年ぶり
くらい??ホントに感激です。

f0116546_18124684.jpg


オレンジもたっぷり搾ってもろて大サービス!

気持ちよく40歳のお誕生日を過ごすことができました。
やっぱし他力本願・・・

お花を持ってかえると、娘たちがニオイを嗅ぎにワサワサと集まる。

f0116546_18141181.jpg


クンクン・・・ 花を食わせろ〜 と一番おデブなモモちゃん
ママへのプレゼントじゃ〜 食うんでない!
[PR]
by reikohanda | 2007-01-25 18:14 | 日々雑多

メデタイお知らせ

まずはご報告。

2週間前に大動脈瘤の大手術をしたうちのお義父さんが
今日退院しました。
かなりビックリ・・・ 早すぎ・・・

昨日オットが「オヤジ土曜日退院やて」と言うたのにも
ビックリしたんですが、
(この場合 土曜退院って早いなという意味のビックリと
 月曜にその話を聞いていたのに 水曜に思い出してワタシに
 はじめて言うたというふたつのビックリ ハハハ)
その退院が今日に早まったという・・・

理由は、「急患が多くて追い出された」とか・・・
腸を全部お腹の中からベロリ〜ンと出して、20針以上縫う
手術をしたおじいちゃん、エライ早う出られたなぁ。

まぁ1ヶ月はじっと休んでくださいと言われており、
お医者様の言われることは忠実に守りはるお人なんで
きっとゆっくり養生して、復活してくれはることでしょう。
うれしい限りです。

ほなほな ご報告まで
[PR]
by reikohanda | 2007-01-25 15:48 | 日々雑多

40歳

え〜 日にちが変わりまして、本日1月24日付けで
なな、何と40歳になりました〜
みんな、祝えよ!(横山たかし・ひろし風に)
いよいよ大台に乗りました。
オットに、タカ&トシばりに、「おおだいかっ!」と
突っ込まれました。

ワタシはお誕生日に変わる瞬間に祝って貰うというのが
特に好きです。
というのも、高校2年生のときに、学校でスキー訓練に行ってた
帰りのバスの中で、誕生日に変わった瞬間を座席の周り数名の
クラスメートに小声で「おめでと〜」と祝ってもらってから
日の変わり目=お祝い」パターンが好きになりました。
特に、年代が変わった時は重要ですねん。
テンションの低いこのワタクシが、数日前からドキドキワクワク
しますねん。

30歳になった瞬間は、当時「彼氏」だったハズのオットとは
なぜか一瞬関係が絶たれていたので(笑)、
仲良かった別の40代男性と50代女性に祝ってもらったっけ・・・

今日はちゃんと仕事先から電話をかけてくるように
朝のウチに申しつけておきました。
しかし、かかってきまへんな・・・


過去を振り返ってみることにしよっと・・・
10代20代の頃は怒濤の人生でした。体力に任して好き放題でした。
特に20代の時は、自宅1階のサロンで働いていたものだから
夜は2階の自宅に居てはならない!みたいな気持ちがあって、
ほとんど家にいることがありませんでした。
毎日毎日いろんな人や友だちと会うたりご飯食べたり映画観たりと
大忙しでしたが、「○時、どこそこで待ち合わせ」とかが
いつも違うのに、スケジュール帳がまったく要らなかったというような
驚異的な記憶力を誇っておりました。

30代になって結婚してしまうと、すっかり平和ボケになってしまい
スケジュール帳に書くスケジュールもほとんどない始末。
いつもいらっしゃってるお客さまの名前も、急に出てこなくなる
時もあります。明らかな老化現象。体力もガタッと落ちました。
老化&平和ボケ
40代になったら、さらにひどくなるやろうな〜


さぁ、40代になったし何かしようかな〜

とりあえず、多分ここ2,3年で母が仕事を引退するというので、
自分で何もかも責任を持ってやっていかなアカンのね・・・という
プレッシャーを何となくは感じています。
ちなみに、母は40代半ばでサロンをオープンさせ、バブルの怒濤の
時期を体力、気力で乗り切ってきました。
ワタシは30代ですでにヘロヘロ。母のようにがんばれるのかは
ナゾですが、自分なりにがんばります。

昨晩オットに、「40代になったし何か目標をたてようかなぁ」と
言うときながら、「ほんなら何かどデカイことでも考えますか?」と
聞かれると、やっぱし退いてしまい、
「う〜ん “自分なりにムリせずがんばる“にするわ」と
エライ消極的な目標をたててみました(笑)。
とりあえずは、美容ブログとここのネタを充実させるよう
心がけます。
きっと、毎日毎日、必要にかられて細々と目標をたてていかないと
いけなくなるんでしょうね!


そやそや、前から興味がありながらも、「忙しいから」と
頑なに招待を断っていたmixiを突然1月23日付けで始めることに
なりました。

今朝、パソコンを開いてみると、友人kiyokiyoはんからmixiの
招待状が届いており、「明日40歳になるしな〜」などと
思ったら、ふっとブレーキがはずれて、あっという間に登録を
済ませてしまいました。
これ以上睡眠時間を削らん程度にちょくちょく頑張る所存です。
日記までは手が回らんやろな〜


それではみなさま、これからもよろしくお願い申し上げます!!

れいこはんより
[PR]
by reikohanda | 2007-01-24 00:20 | 日々雑多
そのまんま東が圧勝しましたね。
晩の8時15分に当確がでたので、「たった15分かよ」と
とにかくビックリ・・・
レポーターが「東氏 ひがしし」ととても言いにくそうでした。
いっそのこと呼び捨てにしてしまえ〜 と思いましたが、
何てったって県知事、そうもいかないんだろうなぁ〜

選挙の告示前に「談合は必要悪」という言葉尻をとらえられ
会見で謝罪したときに、「あ〜 東 もうアカンやろな」と
思ってましたが、ワタシは兵庫県民でありながら、実はごっつい
期待を寄せていました。
保守的な土地柄に風穴を開けて、新風を吹き込まそう思たら
逆に、県にしがらみのない人間がやらんと・・・

がんばれよ 東っ!アンタはノックさんとはちがうって!
何かモヤモヤしてしまった時は、合法的なお店に行くんだよ(笑)。
事務所の女の子に「ヴィトン買うたるから」とか言うたらアカンよ。
宮崎に「さわやかな風(?)」を入れなアカンよ。

とにかく、ワタシは、彼が県の職員や議員さんたちにいじめられて、
ストレスで禿げないかだけが心配です(笑)。


ところで、その開票速報が出ていた頃、
我々はワタシの実家で冬の味覚「くえ鍋」を食していました。
オットが3日前くらいから「くえが食いたい くえが食いたい」と
うなされるように言うもんですから、
急遽、両親、弟を交えての「くえ大会」です。

f0116546_22282158.jpg


 あまり美しい絵図らではありませんが・・・くえがあと2皿ありました
 

あっさりの「ふぐ」より、こってりの「くえ」の方が好みです。
あと「あんこう」もね。
ふぐはポン酢でごまかされてるような気がしてイヤなんですよ〜

前日から「くえ鍋だ〜」と考えただけで嬉しくて、
♪くえっ くえっ くえっ チョコボぉぉぉぉルぅ〜♪」などと
口ずさんでいたら、ふと
「うわっ それやったら“チョコボール鍋”やん」と気づきました。
鍋の中の茶色いチョコの出汁にピーナッツが浮かんでいるところを
想像してしもたわ(笑)。

まぁ、そんなことはさておき、「くえ」は大変美味しゅうございました。
ゼラチン質で柔らかく、甘みがあって絶品です。
車で20分ほど行ったところにある魚市場で買うているので
かなりの「お求めやすいお値段」です。
(というか、普通のスーパーでは「くえ」はまず売っていませんね)
オットは調子に乗って3パックも買うてしもたんですが、
上機嫌で食してる途中で「ウッ・・」ときてしまい、
(脂が多いから腹一杯というより胸一杯な状態)
「これ以上口に入れたら、せっかく食べた分まで体外放出してしまう!」
と思い断念。悲しかった・・・・
腹持ちも大変良うございました!

次回はあんこう鍋がいいなぁ〜
[PR]
by reikohanda | 2007-01-22 22:29 | 食べました
日々安穏と映画を観に行ったり、ブログを更新したりしてますが、
実は1週間前オットの父が大動脈瘤の手術をしていました。

ワタクシことヨメとムスコであるオットは、
オペの時間を勝手に「午後1時から」と
勘違いしておりまして、午後3時半ごろ「さっき終わったよ〜」と
電話があったときには、「エライ早う終わったな・・・」と
思っておりましたが、実は朝の9時からが正しい時間でした!
至らぬヨメです・・・(汗)
つまり、6時間にも及ぶ大手術やったんですが・・・

来月で86才と高齢なので、回復はなかなかかなぁと思ってたん
ですが、お医者さんが舌をまくほどの驚異の回復力だとか・・・
もう杖をついて病院内をウロウロ探検しているとのことです。

普段から太極拳の先生をしていて、休みは週に1回だけという
ハードスケジュールです。鍛えているのが回復の秘訣かいな!
ムリはせんとってもらいたいですわ(笑)。
退院も早くなりそうです。

ほな、ご報告でした。
[PR]
by reikohanda | 2007-01-20 00:23 | 日々雑多

夫婦50割の妙

中村ノリがまだ33才だということに驚いているれいこはんです。
そういえば、メジャーに行ったときも
「もう40近いのに頑張るねんなぁ」などと思っていたら、
まだ31才だと聞いて驚いたんやったっけ・・・
覚えろよ!

ところで、硫黄島・・・はオットと観に行ったのですが、
以前にも触れました通り、50代半ばののオットと映画館に行けば、
夫婦50割」が適用されて、とってもお得なんです。

どちらかの免許証などを提示して、50才以上だという証明をすれば、
二人で二千円になるわけですが、前々から思っていたことがありました。

夫婦でないことを証明しないと悪用されるやん!」と・・・

片方だけ50才だということを証明すれば、
相手は正直誰でもよいワケですよ。
恋人同士でも、不倫関係でも、父と娘でも・・・
はたまた、営業の途中に時間がポッカリ空いて、
「キミ 映画でも観るかね?」という上司と部下でもいけますね。
ペタジーニばりに「友人の母をヨメにしました」という振りをした
母と息子でも大丈夫。
もっと妄想を膨らませれば、オッチャンともう一人男性と二人組で
「私達は戸籍上は親子ってことになってるけど実質は夫婦なのよっ!」
とオネエ言葉でホモのカップルを装っても大丈夫だ・・・

ここまできたら考えすぎやけど、片側だけの証明で済むなら、
えげつない性格の人だといろいろ利用してしまいそうだと思てました。

ところが、この間からその制度に変化が!
受付でオットが免許を提示しようとすると
この間から自己申告だけで大丈夫になりました」と言わはるので
「そんなんやったら老けてみえる30代でもいけるや〜ん!」と
もぎりのお姉さんにツッこんでまいました。(ちなみに笑われました)
「もっと甘くなってるや〜ん!」

映画が始まるまで「何でなんやろな〜?」といろいろ考えてました。
自力で二つだけ思いつきました。

1,免許見せたりしてたらレジが混むから
2,一人1800円と小さな利益を得るよりも、たとえ40代の人にも
  カップルで少しでも映画に親しんで貰おう


ワタシは「2」が正しいんでなかろうかと思てました。

日曜に、よく夫婦50割をご利用になってるというウチの常連さんの
Mさんとこの話をしていたら、明確な回答が返ってきました。

きっと“個人情報保護”ですよ〜

・ ・・あっそっか〜!そういうことか・・・

個人情報を平気でさらすワタシには、まったく気づかない理由でした。
そういえば、世の中うるさくなってるよな〜
でも、免許を一瞬見せただけで、全情報を頭にスキャンするように
記憶にとどめられるような人は通常ではおらんやろ!と
ツッこませていただきます。
(ただし 出来る人もおられるようですが)

さぁみなさん!50代になってなくても、どんどんカップルで
夫婦50割を利用しましょ〜!
頭髪が少々不自由気味な方も、若白髪の方も(笑)。
身体のでかい小学生が「子供用切符」で改札を通ろうとすると
ひっかかるような、そんなチェックは入らないぞ〜!!

・ ・・ウッソ〜 あくまでも皆さんの良識におまかせします!
[PR]
by reikohanda | 2007-01-18 11:29 | 映画
年末年始のうっぷんをはらすかのように映画を観に行くワタシ。
今日は講習で大阪に出たので、ついでに観に行ってまいりました。
(っていうか 早よ本業の美容ブログ更新しろよ〜という声が聞こえ
  そうだわ)

リトル・ミス・サンシャイン
http://movies.foxjapan.com/lms/index2.html

三日前に観た「硫黄島・・・」に引き続きヒットですねん。
そういえば硫黄島、今朝のニュースでゴールデングローブ賞の
最優秀外国語映画賞を獲ったとか!おめでとうございます。
でも、れっきとしたハリウッド映画やけど、外国語映画賞なのね・・・

ところで、リトル・ミス・サンシャインはアメリカの絵に描いたような
ダメダメ家族の物語です。
7才の末の小デブでメガネの決してキレイではない女の子が
「リトル・ミス・サンシャイン」という美少女コンテストに
次点で出場が決まり、お金がないのでボロボロのミニバスに乗って
家族全員で向かっていくというロードムービーです。

お父さんは「負け犬になるな 勝ち馬になれ」という成功者になる
プログラムを出版したいと望んでいるが、実は自分がスゴイ負け犬の
成功論提唱者。
おじいちゃんは、いつもエロいことを考えていて、ヘロイン常習の
問題ありありの年寄りだけど、孫をとても愛している。
15才の息子はニーチェを崇拝し、世間や家族、学校に絶望し、
9ヶ月間話すことを止めている。
おかあさんは、そんな家族をまとめたいと思いつつ、ギスギスした生活
をおくり、タバコが止められない・・・
そして、その母の弟は、プルーストの研究家で学者、好きな男の人に
振り向いてもらえなくて自殺未遂をしたばかり・・・
 そして、ちびっ子のオリーブは、どうみてもミスコンで優勝できる
ほどの美人じゃないんだけど、とても前向きでやる気まんまん。
とても純真で可愛く、この子だけが唯一まとも。


バスで向かっている間に、各人にいろんな問題が起こり、
車が故障したり、おじいちゃんがヘロインの吸い過ぎ(だと思う)で
死んでしまったりするんだけど、何とか乗り越えて、会場に着く。
その間にバラバラだった家族の気持ちが少しずつ一つになっていって
最後のミスコン会場で、ショーがいよいよ始まる・・・・

・ ・・とざっと軽くネタばれですが、
最後のショーのダンスシーンが素晴らしいです。涙が出ました。
この映画、お父さんが唱える「人生での勝ち組」を風刺的に批判
しています。勝ち組の人間をいやらしく、そして負け組のこの家族を
それはそれは愛情深く見守っています。
そして、敗北することで何か得ることがあると
教えているような気がしました。
日本よりも「勝ち組負け組」がハッキリしているアメリカの縮図を
見る思いがしました。

ステキな佳作です。是非観てみて下さいな。

f0116546_032083.jpg


  このシーンが最高ですねん
[PR]
by reikohanda | 2007-01-17 00:29 | 映画
硫黄島からの手紙を観ました。

f0116546_048430.jpg

http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

12月は体力が追いつかなくて、一本も観に行けなかったので、
1月に入ったら、「え〜い 見そびれてたやつみんな観に行ってやる〜」
とリキ入ってます。

 そんなんはどうでもええわ・・・
ほんでもって「硫黄島・・・」、素晴らしかったです。
すいません、ワタシの未熟な文章力では語りたくありません・・・
というか、腰痛がぶり返してきたので、長くPCの前に座って
いたくないんですけど・・・

ただ、観ていて途中ふと「え〜っと これはアメリカの映画やんな」と
我にかえりました。
あれだけ日本の心をキチッと描くクリント・イーストウッド、
おそるべし!

素晴らしいです、渡辺謙さんも二宮君も、伊原くんも、加瀬亮くんも、
獅童ちゃんも・・・(みんな友達かぃ?)
本国アメリカでは「父親達の星条旗」より評価が高いという話も
聞きました。
ここはひとつ、アカデミー賞を期待します。
ひいき目にみて、二宮くんの助演男優賞はかたいんでないやろか!
・・・というか、二宮くんは主役なんでなかろうか??

ひとつだけマニアックなところに触れさせていただくと、
脚本を書いたうちのお一人、ポール・ハギスは、おととし
クリント・イーストウッドの前作「ミリオンダラーベイビー」で
初めて映画の脚本書いて、アカデミーの作品賞を受賞してて、
去年は「クラッシュ」を監督、脚本でやっぱし作品賞を受賞している。
こいつはごっつい快挙です。
この勢いにのって、「硫黄島・・・」もひとつ行ってまいましょ〜!

「父親たちの星条旗」も観て、日米双方からの観点を見比べたかった。
いつか二本立てでやってくれる映画館が出てくるやろうから、
その時は腰の調子を整えて行ってこようかと思っております。
[PR]
by reikohanda | 2007-01-15 00:48 | 映画