エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昨夜は、こちらでおなじみのホズミちゃん夫妻と一緒に、
神戸垂水のジャズ喫茶、JB5でライブを聴いてきました。

待ちに待っていた世界の椎名豊さんのライブです!
f0116546_12352717.jpg

f0116546_23495614.jpg
Walkin’in the Clouds

ダイナミックで繊細で奥深くて、斬新で大胆なアレンジで、
カッコよくて美しくて・・・となんぼ形容詞を並べても足りません。
この店のピアノもこんなに鳴るんやったっけ〜
f0116546_12355841.jpg
前回の関西ツアーからご一緒させていただいてるオット。
席が近すぎてオットのほぼ真ん前(爆)
f0116546_12362036.jpg
ドラムは竹田達彦さん。
椎名さんの仕事をお願いできる巧いドラムの方。

トリオで3曲演奏したあと、今回のもうひとりの主役が・・・
f0116546_12364470.jpg
森 郁さんです。
f0116546_026570.jpg

Someone Unforgettable

声量があるタイプではないんですが、キュートなお声で
清潔感のある育ちの良い大人の女性の色気のあるボーカルの方です。
バックの音をものすごくよく聞いて、小気味よくスウィングし、
バラードは徹底的に超スローで、じっくりしっとりと歌い上げ、
関西のボーカルの女性たちにはない独特の個性をお持ちで、
かなりワタシ好みです。

前回の椎名ツアーのときに、別の仕事で関西入りされていて、
このお店でライブをしている時に遊びに来られ、
2曲ほどだけ飛び入りをされたんですが、
その2曲だけですっかりファンになっていたワタシ。
今回も大当たり!!

2ステージめは、Good Life, No More Blues, Straight up and Fly Rightと、
なんと3曲もアンコールが!!

じっくり楽しませていただきました。プハーッ!!

椎名さんのトリオだけでもじっくり楽しみたかったというのも
正直な感想なんですが、森さんのお歌も素晴らしく、
ほんでもって椎名さんの歌伴もすごいので、
もうあと1ステージやってもらわんとアカンやろ・・・という話ですわ(笑)
f0116546_12382582.jpg
前におられるのは、こちらのJB5のオーナーでドラマーの川上さん。
ここのお店はオーナーのしつけ(?)が良いのか、
お客様の質がホンマにすばらしい!!
ライブはいつも固唾をのんで聴き、最後の一音・・・
いや、最後の1音のピアノのペダルが上がる瞬間まで「じーーーーーー」っと
聴き漏らさず、「ドーーーーーー!!!」と拍手が沸きます。

ウチは、そういう雰囲気のこのお店でライブを聴くのが本当に好きですが、
もちろんオットも大好きで、東京からこられるミュージシャンの面々や
「この人、このトリオはオススメ」という場合は、こちらのオーナーさんに
ライブをお願いして、日にちが合えば必ずやっていただけます。

この店の雰囲気が好きすぎるので、遠くてもわざわざ足を運んでしまいます。
ちなみに、昨晩は途中で乗り換えようとしたJRで人身事故があり、
また三陽電車に舞い戻って混み混みの中、ぜいぜい言うて垂水まで
行ってきましたもん・・・

f0116546_12371372.jpg
ホズミ夫妻です!
ホズミちゃんとこから足を運ばれる方、
彼女のダンナさんはこんな人です!
普段からクラシックピアノを習っているホズミちゃん。
椎名さんのアルバム聴いてすっかりファンになってくれたよう。
ご夫婦ともに音楽が好きなので、誘て良かったですわ!!
また一緒に参りましょう。
野球も一緒に行くけどね・・・
[PR]
by reikohanda | 2011-01-29 23:45 | 音楽、本
f0116546_1949198.jpg
伯母バカになって、姪っ子ちゃんの写真が増えるからだけでなく、
以前より、「重い!遅い!固まる!」が懸案事項であった
自宅のワタシ専用のパソコンを買い換えたのでした。

貧乏なのとPCスペースが狭いのとで、このMacminiちゃんしか選択の幅が
ないのです。
(Macminiちゃんの下敷きになってるのが古いG4のマシンの天井)

しかし、小さくてとても可愛くて洗練されてるMacminiちゃん!!
いきなり目がハートです(笑)

ヨドバシでメモリを増設してもろて一緒に帰ってきたMacminiちゃん。
軽いので持ち運びも楽でした・・・

ディスプレイは今以上にでかいのが置けないので、
前から使こてる古いアナログディスプレイ15インチをそのまま使用。
電源を入れてない状態なら、Windowsのマシンにしか見えない代物で、
愛想も何もありません(笑)
アップルの純正キーボードや、右クリックが好きだから使っていたWindows用の
マウスもそのまま使用。
かなり安上がりの買い物です。


しか〜し、問題はデータの移し替え。
自宅のパソコンは、正直言うて店のマシンのサブみたいな物なので、
外付けのHDDにはつなげてなかったんです。

「新品買うてきたら、今のマシンとFirewireのケーブルでつないだら一発やがな」
思てたら大間違い!!(汗)

ウチが昨日まで使こてたG4のマシンは9年前くらいのシロモノ。
それを5年ほど前にオークションで中古で買うて
メモリ増設やハードディスクを交換することでなんとか場つなぎしてたんですが、
だいたい、もともとのスペックが低すぎるため、一番新しいOSである10.6どころか、
10.4すらインストールすることが不可能でした。


実は、Firewireのケーブルで、10.6のマシンにデータをサクッと移せるのは
10.4のOSからしか無理なんだそうです(汗)


よって、LANケーブルでちまちまと移すか、外付けHDDに移すか・・・と考えていたら、

オットが、
「今のG4の本体を分解してHDDだけにして、
直接Macminiとつなげばええんやがな」

という・・・

ウチにとっては「???」な話なのですが、
要するに、G4のマシンに入ってる古いOSが、
データを移し替える邪魔になってるワケだから、
ただのHDDにしてしまうとOSが介在しないので、それですべてOKとのこと。


な〜るほど・・・

とりあえず、今からおウチに帰ってご飯を食べたら、
オットによって分解されて裸になってるG4のHDDを
Macminiちゃんに移し替える作業を始めます。

昨日はデータの移し替えこそは出来なかったのですが、
パソコンの画面の指示通りになんやらしていたら、
ワイヤレスの設定やパスワードの指定が出てきて、
それを知らなかったのに適当にパチパチやっていたら、
いきなりインターネットが出来始めました(笑)
なんか解れへんのですが・・・
やはりMacは簡単です!!

とりあえず、今までの5倍は早いです!・・というか、今まで遅すぎただけか?(爆)
これからはいろいろとサクサク楽しみます!!


追:家に帰るとHDDだけ取り出されて、我が家の中のそのへんに転がっていた
  HDDケースにキチンと入れられた状態で置いてあったんですが、
  そのケース自体が古い物で、Firewireケーブルの穴がない分だったので、
  画像やファイルだけUSB経由で移したのみでした(汗)
  
  来週またヨドバシに行って、Firewireの付いてるケースを買ってきます。
  ケースだけでも結構ええ値段がするっ!!!(汗)
[PR]
by reikohanda | 2011-01-27 20:12 | 日々雑多

主役はこちら

f0116546_1773698.jpg
姪っ子ちゃん誕生のかげにかくれて、

地味に誕生日を迎えました(爆)44歳です・・・

これからは一生、おチビの誕生日がメインで、こちらはサブとして
祝われることでしょう・・・ 伯母はそれで良いのです。

今日は家族で、それぞれの空き時間を利用して、朝や昼や夕方にチョロチョロと
病院に行ってきました!ワタシは昼の部(笑)
オットがご対面がまだだったので連れて行きました。


お部屋に入って、「おばちゃんでちゅよ〜」と言いながら
ほっぺたを触ろうとすると、オットが、

「こらこら!!ばい菌がつくやろっ!!」

・・・と言いました。

ホンマにもう・・・男はこんなときビビリですよね〜!!

オットはずっと後ろに腕組みして眺めていました。

ちなみに、ヨメちゃんのお父さんもまだ触れてないそうです。
ウチの父はやっとほっぺたをちょっと触ったそう・・・


今日はちょっとちっちゃくなって2,200g台になったそうですが、
これからちょっとずつ成長していきます。
今日は1分ごとに泣いたり寝たり、もぞもぞ動いたり
見ててホンマに飽きないですね。
ワタシも、触ったり写真撮ったり忙しかったです(笑)

それにしても顔がハッキリしてるなぁ・・・
[PR]
by reikohanda | 2011-01-24 22:12 | 伯母バカ

無事産まれました

f0116546_23572324.jpg
本日1月22日(土) 20時26分 弟夫婦に第一子が誕生いたしました!!

ズバリ予定日だったんですが、2342gのちっちゃな女の子です。


おヨメちゃんは、おとといの晩から陣痛が来てたんですが、
なかなかどうして・・・
分娩室に入れたのは18時半ごろ、2時間がんばったそうです!
ようやった!母はエラい・・・


ちっちゃいのに結構お顔がしっかりしてます。
来月には首が据わるんじゃないかと勘違いしそうです(爆)

お肌はポヨポヨ・・・たまりません。
両方の親たちが、お互い初孫だからとまどっているのか、
あまりおチビさんを触らないのです。特に父(じじ)たちは・・・
そのうち目がドンドン垂れていくのでしょう。

ウチはさっそく、「おばちゃんですよぉ〜!」と話しかけて、
いじりたおしてきました(笑)

母に、「アンタ 手は洗ったの??!!」としかられました(爆)


せっかくいいカメラを使っているのに、腕がイマイチなのと、
パソコンが古いため、SDカードを認識してくれたりしなかったり・・・
今もデータを入れるのが苦労しました。
もう買うぞ!NEWマシ〜ン・・・

親でないのに、出産にともなう出費が多いのはなぜ・・・(爆)


今回あらためて、「叔母バカ」 というカテゴリを追加いたしました(爆)

今後ともよろしくお願いいたします。


追:kiyokiyoはんのご指摘により、

  「叔母」でなく伯母であると発覚!

  そうです!弟の子供なので、姪っ子ちゃんからみたら「伯母」だ!
  そういえば、何年か前に調べたことがあったんだった・・・
  一瞬理解して即座に忘れるのが「特技」となっているここ数年です(涙)
[PR]
by reikohanda | 2011-01-22 23:51 | 伯母バカ

病人たち

f0116546_2326555.gif
ミミちゃんが、また膀胱炎になりました(涙)

こないだ、グッと寒くなった日に、何回もトイレに行くようになって、
トイレにしゃがみこんでは
「キェーッ!」と言うもんやから、
「おっと・・・ また再発したな・・・」と気づきました。

翌朝オットが病院に連れていってくれましたが、
病院側は「原因が判らないから」と言うことで、注射だけ打ってくれました。

ちなみに、このたび病院は変えたんですが、前んとこは尿検査はしてないけど
多分膀胱炎だからということで、抗生物質の飲み薬はくれたのです。

翌朝も病院に行ったら、やはり注射のみ。

ネコはオシッコを猫砂の中にするので、採取するなんて至難のワザ
なのよね〜
このまま注射で治ってくれたら・・・と思っていたら、
翌朝運良くトイレ現場に遭遇。無事採取できました。

診察3日目の昨日、結局血尿も出ているらしく、
2種類のお薬をいただきました。

しかし、でかい錠剤(爆)

液体のお薬はないんでしょうか・・・?(汗)



結局、すりこぎ鉢でゴリゴリし、水で溶いてスポイドで飲ませることに・・・
ひとりでは上手く飲ませられなくて、服やらに飛び散ること(笑)
ミミちゃんは暴れるし・・・ 
そりゃ〜マズイお薬を飲ませられてブルーでしょうよ・・・ 
スマンのぉ・・・
f0116546_23362490.gif
病院から帰ってきたミミちゃんはよその子のニオイがついてるらしく、
モモちゃんはミミちゃんに対して1日中「シャーシャー」言うてます(爆)

f0116546_23373632.gif
そや!!アンタは今はどっか行っときなはれ(笑)


ちなみに、もうひとりの病人はウチの母

アニキの新婚旅行のグアムにウチの両親もついてって、
父以外はみんな温度差に耐えられず風邪をひきました。

2,3日働いては2日休み、また働いては2日休み・・・てな具合です。
明日は働けるかな??

ちなみに、ウチの父だけはピンピンしてることに対して、母は・・・

「あの人はバカだからよっ!!!」

・・・と一喝してました(爆)


とりあえず、この週末には弟んとこのチビッコが生まれる予定日なので
早く治さないとなりません・・・
母もミミちゃんもがんばれ!!
[PR]
by reikohanda | 2011-01-19 23:44 | ネコたち

理解不能???

出勤の途中、細い一方通行だけれども、駅のタクシー乗り場に
続いている
のでかなり通行量の多い細い道を通ります。

1年以上前の話、その道を南から北へ走っていると、
ウチの前方を走っていたゴールドっぽいボルボ840
スルスル〜とブレーキをかけて停まりました。

端に寄りもせず、細い道のど真ん中に(汗)

横を抜かしながら「何しとんねん!!!」と思て車の中を覗いたら、
私と同じくらいか、もちょっと上くらいの、メガネをかけた長い髪の女性
携帯でしゃべっていました。


走りながら携帯でしゃべるよりはええよ・・・
でも、普通は停車しても端に寄せへんかな???

あまりにもビックリしたので、

1,横を通り過ぎながら、
2,車の前に自転車を止めて振り返り

・・・と2段階に分けてジーーーーーーーーーーっと見つめてやりましたが、
まったく気づかず。
驚くばかりの無神経さ。

あまりにもジーーーーーーーっと見たのでお顔がしっかり記憶に残ったほど(爆)


そして今日、駅の下を通っている細いガード下で
感動的な再会です
(爆)


そのガード下は、南から北への一方通行で、車が一台通ると
ギリギリ自転車が一台すれ違える程度の幅しかない道
ですが、
なんてったって駅なので、南から北から関係なくバンバン
自転車が通ります。

ワタシがそのガード下にさしかかると、ライトを点けた車が一台
ガード下のど真ん中で停まっています。


「何かを待ってるのかな?」と思い、しばらくガード下の入り口で
待っていましたが、動く気配もないので、
横を通り抜けたんですよ。

予感はしてたんですが(笑)近づいたらそれはやはりボルボ
すれ違いざまに車の中を見たら、やはり

メガネをかけた長い髪の女性が携帯でしゃべっていました。

ライト点けて、トンネルのど真ん中に停まってるっ(大汗)


しかしボルボは、古い840から新しいのに変わっていました

きっと彼女は、「携帯が鳴ったらすぐに出ないといけない」という
強迫観念があるに違いない
と思いたい・・・

ボルボを乗り換えられるくらいだから、ある程度の生活はされてる人
なんでしょうけどねぇ・・・(ため息)

いつか追突されたら学習するでしょうね・・・

追突されてしまえっ!!

[PR]
by reikohanda | 2011-01-16 00:12 | 日々雑多

プロの仕事

あと10日、姪っ子ちゃんがこの世に出てくる予定日です。

「何をお祝いであげようか」と思案していたら、母に
アンタ ミキハウスで綿毛布買ってあげてよ
と言われました。

先月、ババ(=母)は弟夫婦と梅田に出て、そこで寝具周りの必要なモノ
冬布団、合い物布団、タオルケット)をプレゼントしてあげてたんですが、
その翌々日くらいに接客された方からハガキが来てて、そこには、

綿毛布はもうお持ちかなと思ってお勧めしなかったのですが
 季節柄お勧めしておけばよかったと思っております
 追:私も初孫のときは嬉しゅうございました」

・・・としたためてありました。

普段から綿毛布愛好家のワタシと母は(爆)、
熱がこもりすぎないし、1枚でも長く使えるし、
子供が使わなくなったら大人の膝掛けとしても活躍するし、
「これは買わなアカンで」とある意味のせられた次第です。

その手書きのハガキを持って梅田に出向いたワタシ、
ハガキに書いてあった担当の方を見つけ、

「あのぉ〜 先月うちの弟夫婦が母と来て
 いろいろ買わせていただいたんですがぁ・・・
 お勧めだとおっしゃる綿毛布を・・・・・」


・・・とそこまで言っただけで、

「あ〜 あのときはありがとうございます〜 予定日は今月でしたよね
 あれ?もうお生まれになったかしら??」

・・・とな・・・

ウチ:「来週ですよ!!・・・ていうか、
    名乗ってないのにウチが誰かおわかりなんですか〜(目まん丸)」

店員:「ええ!あのときは、この冬布団と合い物布団とタオルケットを
    選んでいただいて、女のお子さんだから、タオルケットは
    こちらの方の柄を選んでいただきました
    それでは、綿毛布は他の方からのプレゼントとかでかぶって
    らっしゃらなかったんですね〜!
   
    では、綿毛布は他のお布団の柄に合わせてこちらにしましょうね!


・・・と可愛い柄の綿毛布を前に、お目めまん丸しているウチに、
あっと言う間にお買い物は済んでしまいました。


いや〜 しかし、梅田の百貨店なんだから、1日に何人も同じような
お客さんが来られるだろうのに、データも見んと正確に覚えてるとは・・・
恐るべし!プロの接客



1.孫が居るという店員さんの脳に精巧なコンピュータがしこまれてる
2.ウチの母が余程インパクトが強く、顔や仕草がウチと酷似してた
3,実はそんなにお客が来てない

など、意地悪なことをいろいろ考えたけど(笑)、やはり接客の鏡!!
見習わないとイカンです(汗)
[PR]
by reikohanda | 2011-01-12 22:43 | 日々雑多

予習復習

明日から新しい大河ドラマが始まる!!

今度の主役は「お江(ごう)さん」だ。

正月にアニヨメと、
「お江さんの母の『お市の方』の最初の亭主が浅井長政だったっけ?」
「いや 『浅野長政』だったっけ??」
「柴田勝家のあと、誰かと結婚したんやったっけ?」
「誰と結婚したときに一緒に自決したんやったっけ?」
「たしか3回は結婚してはったよね〜?」

・・・とちんぷんかんぷんだったので、
予習復習を兼ねて、この小説を読んでいます。
f0116546_23395227.jpg
乱紋〈上下巻〉 (文春文庫) 永井路子


正解は、「お市の方の結婚は2回」でした(笑)

結婚を3回したのは、今回の主役である三女のお江さん。
完全にごちゃまぜ勘違い(汗)

長女の淀君(お茶々)は有名ですが、次女のお初や三女のお江は
どちらかといえばマイナーで、記憶にある中では、
お江さんにスポットが当たったのは初めてじゃないでしょうか?

世の中では、お江さんは、徳川二代将軍秀忠の奥方様として、
淀君ほどではないものの、「強い」イメージがあるのですが、
この小説では、「ぼーーーーっとしててあかぬけない子」として
描かれています。

それなら、今回のヒロインの「上野樹里ちゃん=のだめ」とピッタリ!!

この小説が原作というわけではないのですが、
原作と脚本を担当する田渕久美子さんは、この小説をベースに
描かれているとか・・・

ウチがこの小説を買うたのは30年前、小6か中1のとき。
歴史オタクだったので、永井路子さんの小説は
司馬遼太郎の作品より前に、かなり集めました。
本棚にずっと入れっぱなしだったのに、ページは茶色になっています(笑)
表紙の絵も全然違うし、「400円」と書いてある!安かったんや・・・(爆)
捨ててなかったので予習復習できてヨカッタ・・・

読み物として凄くおもしろいので、
普段より30分早くお布団に入って本を読み始め、
結局1時間は読んでしまいます。
都合、30分余計に寝不足になっててアカンです(笑)


追;見終えたんですが、お江さんはエラい活発なお嬢さんで
  描かれていました。やはりこの小説をベースにしたんでは
  ないような・・・(笑)
  しかも、小豆が詰まった「ふくろのねずみ」の解釈は
  言い伝えとはまったく逆だったし、息子も二人産んでいて
  父、長政と一緒に亡くなってしまうのですが、息子二人を
  生んでいる事実からして滅却してあって少々ビックリ(汗)
  
  茶々役に天才子役の芦田愛菜ちゃんが出てたので、
  この子供時代のまま1年間終わってもいいよ(爆)
[PR]
by reikohanda | 2011-01-08 23:48 | 音楽、本

・・・もどき

今日は七草がゆの日です。

オットがダイエーで買うてきました。
f0116546_2324128.jpg
う〜ん 美味しそう・・・と思ったら・・・
f0116546_233134.jpg
七草もどきでした(笑)

オットはあくまでも、「これは七草やで」と言い張ってますが・・・
多分こちらの方が10倍は美味しいハズ(苦笑)


母担当の歯科衛生士さんで、オトウトヨメの元同僚の方が
こないだ2人目のムスメを産み、その子を連れてお店に
遊びに来てくれました。

ちなみに、そこの長女の名前は「なずなちゃん」。
次女を妊娠中のとき、「今度は『すずな』ちゃんがええんちゃうか?」
とかみんなで冗談で言うてましたが、結局、全然ちゃう名前をつけはって
残念・・・

いっそのこと、「すずしろちゃん」とか、仏の座ちゃん」に
してくれたらおもろかったのに・・・

人ん家の話なので、無責任です(笑)


追:今朝、オットが「七草もどき」がゆを作ってくれましたが、
  このパックを持ち上げて、

  「あれ?これ 七草ちゃうやん!!」・・・・・ と言うていました。
  ホンマに勘違いしてたようです。

  となると、オットのように「七草」と信じて買うた人に対して、
  ダイエーは「詐欺行為を行った!」ってことでしょうか???(爆×10000)

  ほんでもって、味は普通の七草がゆより10倍美味しかったです(笑)
[PR]
by reikohanda | 2011-01-07 01:12 | 食べました

「人生万歳」を観た

本来は「ミニシアター 週に1本ムスメ」だったワタクシの
新春一本目は、ウディ・アレン監督作、「人生万歳」です。
f0116546_2224967.jpg
年に1本ペースで良質なコメディーを作るNYの代名詞=ウディ・アレン
ここ数年、ヨーロッパで作品を撮ってはりましたが、
久々にNYの作品を発表しはりました。

待ってました・・・

1人のユダヤ系の神経質なインテリの主人公が居って、
周りの人間を皮肉ってて、でも出会いがあって、
人生に転機が来て、ゴチャゴチャっとして、
ホンで最後はハッピーエンド・・・というだいたいいつも同じパターン。

でも、それがウィットに富んでて、洗練されてて
何回観ても飽きません。
どの作品も1時間半にまとめてムダのない早い展開です。
ゲラゲラ笑うほどではないものの、「クスッ」の数が多い!!

みなさん、初笑いにどうぞ・・・


以前はウディ自身がやっていた役を、アメリカの有名コメディアンである
ラリー・デヴィッドが非常にシニカルに演じてはります。
頭の悪いヒロインには、エヴァン・レイチェル・ウッド。

ウディ・アレンは、自作の映画のヒロインを、アカデミー賞の
賞獲りさせることでも有名です。
「アニー・ホール」のダイアン・キートン、
「誘惑のアフロディーテ」のミラ・ソルヴィーノ、
「ブロードウェイと銃弾」のダイアン・ウィースト、
「それでも恋するバルセロナ」のペネロペ・クルス、

さぁ、本作はどうでしょうか・・・
[PR]
by reikohanda | 2011-01-04 22:57 | 映画