エステティシャン れいこはんの美容ネタ以外の日々雑多を語るページです


by reikohanda

思わぬ拾いモノ

NYの巨匠ピアニスト、Don Friedmanさんは5月4日に全ツアーを終え、
ちょうどその日に73歳のお誕生日を迎えはりました。
ライブの打ち上げとお誕生日会をやるので!という理由で招集がかかり、
5日の晩おそくに、ボーカリスト清水ひろみちゃんがオーナーであるライブハウス
Jazz On Topに足を運んできました。
f0116546_23504877.jpg

f0116546_23511691.jpg

   ケーキを前にくつろぐドンさん。
   実は腹パンパンとな・・・
   「食べろ」とおっしゃるので、結構横取りした・・・

ところで、この記事のタイトルである思わぬ拾いモノとは
この日にバンドで入っていた海野雅威トリオのことです。


  ピアノ:海野雅威(うんのただたか)
  ベース:杉本智和
  ドラム:加納樹麻(かのうじゅあさ)←HPなかった

ちょうど昨日は海野さんが先月出されたニューアルバムMy Romance発売記念ライブでした。

もうおばちゃん 目からウロコでしたよ。
1曲目は「Whisper Not」。どちらかと言えば泥臭い感じの曲なんですが
こんな都会的なセンスのよいウィスパーノットを聴かされたのは初めてです!!
2曲目は「I've Got You Under My Skin」。
ラテン系のアレンジで、でもやっぱり都会的でステキでした。
この2曲ともニューアルバムに入ってる曲で、
この2曲ですっかりおばちゃんのハートはワシづかみ(爆)

関西にはこんな洗練されたアレンジするバンド、多分居ないと思います。
もっと爆発があれば、多分おばちゃんは気絶してたハズ。

アルバムはNYで、ベースがGeorge Mraz、ドラムがJimmy Cobbという
超ベテランで超有名なメンバーで録音されてますが、
日本ツアーは先ほど書いた日本人若手メンバーでした。

しかし、どなたも非常に技術レベルがすごく、
アンサンブルもごっついマッチしてはって、
難しいアレンジにもキレイに弾きこなし、しかも相性抜群と
すばらしかったのです。

あんましトリオの相性がええので、
日本でプレイしてるときはいつもこのメンバーがレギュラーなのかと
聞いてみたら、このトリオのメンバーでプレイするのは
こないだ始まったこのツアーでが初めてとのこと!!

おばちゃんは驚きました(笑)

アレンジが絶妙な場面にくると、巨匠ドンさんもニッターと笑みを浮かべ
「このアレンジええなぁ」とか「ドラムのブラシワークがええなぁ」とか
言うてはりました(もちろん関西弁ではない)。


f0116546_23514259.jpg

   おばちゃんは調子にのって一緒に写真を撮ってもらいました。
   よくハリー・ポッターに似ていると言われるそうです(爆)
   たしかに似ている・・・
   ポッタリアンのおばちゃんにとっては2重の喜び・・・
   来月から活動の拠点をNYに移されるそうです
    若干27歳!驚きです

f0116546_2352613.jpg

   ベースの杉本さん(手に持っているのはドンさんのケーキ)
   5弦のウッドベースを巧みに操り、オットもお口ポッカリでした(爆)
   アンプを通しててもナマ音に近い音をブンブンと出しはるし
   エレキベースのような弾き方したりとごっつい多彩です。
   ただいま40歳とのこと。
   オットは彼に「おっちゃんもがんばって練習するわ」
   言うてました(笑)

   写真がとれなかったのは、ドラムの加納樹麻さん
   ごっつハンサムなので写真がないのが残念です。
   (イケメンなのにマジメで性格良しと非の打ち所ナシ)
   2年ほど前まで関西に居りはって、毎週ナンバのセントジェームスで
   オットと一緒にプレイしていた若手の逸材さんです。
   東京に行って大活躍されてはるので、がんばってほしいです。
  
今日も熱く語ってしもた・・・
久々の拾いモンでした・・・ 運がヨカッタ・・・
[PR]
by reikohanda | 2008-05-06 23:58 | 音楽、本